2014年04月28日

かつて身近だった水銀 その2

身近なものを材料科学で紹介する ママたちの金属辞典。ひらめき

水銀は体温計や消毒剤などの身近なところで使用されてきましたが、近年は水銀を使用しない代替製品の普及が進んでいます。
6回に渡って、水銀が使用されていた製品について紹介していきます。

第二回の今回は、蛍光灯。
LEDに押され気味の蛍光灯ですが、蛍光灯の中には水銀が封入されているそうです。
その量は、1975年代の約50mgから2005年には約8mgに減少しているそうです。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

かつて身近だった水銀

身近なものを材料科学で紹介する ママたちの金属辞典。ひらめき
今回から6回に渡って、水銀が使用されていた製品について紹介していきます。

水銀は体温計や消毒剤などの身近なところで使用されてきましたが、近年は水銀を使用しない代替製品の普及が進んでいます。
第一回の今回は、体温計。
最近は電子式が普及していますが、私が子供の頃は、水銀の熱膨張を利用した水銀式の体温計でした。
電子式はピピッツと体温を知らせてくれますが、昔の水銀式はうまく挟んでいないといつまで経っても正確な温度が測れませんでした。
懐かしい思いですね。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 17:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月13日

ヨシムラ・サイエンス・ラボが企画する「ママたちの金属辞典」が始まります

はじめまして!
本日より、ヨシムラ・サイエンス・ラボが企画する「ママたちの金属辞典」が始まります。
日頃、何気なく使っている家庭用品。
例えば、料理に使うフライパン。フライパンってどんな金属でできているの?
クッキングラップと並んで料理に欠かせないアルミニウムホイル。アルミニウムホイルを噛んだらどうしてぴりっ!とくるの?
「ママたちの金属辞典」では、家庭用品をかたち作っている金属を事例で分かり易く紹介し、「エッ?そうなの」という驚きをお届けします。
また、ママたちの疑問にもどんどんお答えしますので、ご質問のある方はメール(renaeijipapa@yahoo.co.jp) にてご連絡くださいね!
お楽しみに!
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 12:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。