2014年05月24日

所変われば、お箸も変わる!?

今日は、お箸について金属の観点から述べてみたいと思います。

お箸は食べ物を二本の箸で挟んでお口に移動させるために用いる道具であり、日本、中国、韓国などの東アジア地域で用いられる食器の一種です。
このお箸の材質は、国によって異なっていることをご存知でしたか?

日本では、言わずもがな、塗箸や割り箸など木製のお箸が主流ですよね。
一方、中国では象牙やプラスティックが多いそうです。←少し高級な中華料理屋さんに行ったときにでも確かめてくださいね。
また、お隣の韓国ではステンレス製のお箸が使用されおり、特に韓国の飲食店では、国の規制・法律により、ステンレス製のお箸の使用が義務づけられているそうですよ。
韓国で使用れさているステンレス製お箸の材質は、SUS304と呼ばれるステンレスの代表的な鋼種が使用されています。

私は友人にもらったステンレス製のお箸を愛用していますが、ステンレス製お箸は、錆びずに清潔で長持ちする反面、ツルツルしてつまみにくいのが難点ですね。

「所変われば品変わる」ということわざがありますが、お箸も同じですね。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 18:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。