2014年05月07日

アルミニウムでおもてなし!?

皆さん、連休中はいかがお過ごしでしたか?
わたしは、昨日、隣県の石川県金沢市に行ってきました。

金沢に行かれたことがある方はご存知でしょうが、JR金沢駅には巨大なトラス構造からなる「もてなしドーム」があります。
P1010626.JPG
トラス構造とは、三角形の構成を基本とし、節点をピンとした 構造のもののことです。
そのトラス構造を構成する部材は、なんとアルミニウム!
その本数は、これまた6,000本!
だそうです。
一見の価値ありです。
皆さんも、石川にお越しの際は、ぜひぜひ。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

かつて身近だった水銀 その4

身近なものを材料科学で紹介する ママたちの金属辞典。

水銀は体温計や消毒剤などの身近なところで使用されてきましたが、近年は水銀を使用しない代替製品の普及が進んでいます。
6回に渡って、水銀が使用されていた製品について紹介していきます。

第四回の今回は、防腐剤として使用してきたチメロサールについて。

チメロサールとは、舌を噛みそうな名前ですが、殺菌作用のある水銀化合物のことで、以前はお子さんに摂取するもうやだ〜(悲しい顔)ワクチンに保存剤として添加されていたそうです。
最近ではチメロサールを添加しないワクチンや、チメロサールを減量したワクチンが増え、チメロサールをワクチンの保存剤としてできるだけ添加しない方向にあるようです。
横浜市衛生研究所サイトより
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 11:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

かつて身近だった水銀 その3

身近なものを材料科学で紹介する ママたちの金属辞典。

水銀は体温計や消毒剤などの身近なところで使用されてきましたが、近年は水銀を使用しない代替製品の普及が進んでいます。
6回に渡って、水銀が使用されていた製品について紹介していきます。

第三回の今回は、乾電池。

して乾電池の保存性を高めるために、マイナス極材料の亜鉛表面を水銀でカバーしていましたが、1991年(平成3年)にマンガン乾電池で、1992年(平成4年)にはアルカリ乾電池で、それぞれ水銀使用ゼロが実現されたようです。

(一社)電池工業会 なりほど電池Q&Aより
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。