2014年05月24日

所変われば、お箸も変わる!?

今日は、お箸について金属の観点から述べてみたいと思います。

お箸は食べ物を二本の箸で挟んでお口に移動させるために用いる道具であり、日本、中国、韓国などの東アジア地域で用いられる食器の一種です。
このお箸の材質は、国によって異なっていることをご存知でしたか?

日本では、言わずもがな、塗箸や割り箸など木製のお箸が主流ですよね。
一方、中国では象牙やプラスティックが多いそうです。←少し高級な中華料理屋さんに行ったときにでも確かめてくださいね。
また、お隣の韓国ではステンレス製のお箸が使用されおり、特に韓国の飲食店では、国の規制・法律により、ステンレス製のお箸の使用が義務づけられているそうですよ。
韓国で使用れさているステンレス製お箸の材質は、SUS304と呼ばれるステンレスの代表的な鋼種が使用されています。

私は友人にもらったステンレス製のお箸を愛用していますが、ステンレス製お箸は、錆びずに清潔で長持ちする反面、ツルツルしてつまみにくいのが難点ですね。

「所変われば品変わる」ということわざがありますが、お箸も同じですね。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 18:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

ゲストハウスウエディングの鐘の音

初夏を迎えて季節が良いこともあり、最近流行りのゲストハウスウエディング場の近くを通ると、大きく鳴り響く「カランカラン」という鐘の音と共に、鮮やかな色どりの風船が空に舞い上がる風景を見かけることがありますよね。
来月の6月はジューンブライドの時季を迎え、ますます結婚式が多くなりそうです。

ところで、このゲストハウスウエディング場で「カランカラン」と鳴り響く鐘の音。
実は、金属と深い関係があるのです!

これから数回にわたって、金属と音について紹介します。

第1回の今回は、鐘の材質について。
鐘や楽器に用いられる金属は銅に錫と鉛を添加した金属が用いられ、それを響銅「さはり」と言います。
おりんや風鈴などにも使われており、錫の含有量が高いほど澄んだ高音の音色が生まれます。

次回は、音と材質について紹介したいと思います。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 13:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

ステンレスのお手入れ法をご紹介しま〜す

本日は、ステンレス製品の美観ぴかぴか(新しい)を損なわずに使い続けるためのお手入れについてご紹介します!

ステンレスは錆びない金属のため、清潔さや美観が求められる器具に使われます。
例えば、システムキッチンやスプーンなどに使われていますよね。

具体的には次の通りです。

・使用後は、塩などの塩分はしっかりと除去する
・汚れが付いた場合は、柔らかいスポンジを使用して磨く
・できるだけ乾燥させる

錆びない金属として知られるステンレスも、時と場合によっては錆が発生する場合があります。
愛着のある器具は、上記のお手入れをして、キラリと光る輝きさを保って長年使いたいですよね。
posted by ヨシムラ・サイエンス・ラボ at 22:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。